2013年06月12日

■ おすもう!(佐藤)

先日、初めて「国技館」に行って参りました。
縁あって、元小結の垣添さんの引退と雷親方襲名披露というところにおじゃましたのです。
初・国技館。
おばあちゃん子だった私は、小さい頃、よく相撲中継を観ていました。
ん…、いや、テレビに相撲中継が映っているのをなんとなく横目に見ながら
マンガを読んでいただけですね。
あとは若・貴時代にちょっと観たかなあという程度ですけど。
でも、見覚えのある土俵を間近で見られたのはとてもよかったです。
2013.6_sumo02.JPG

本場所だと、下の位の力士からどんどん取り組みをしていくんでしょうけど、
引退&襲名披露なので、
幕下力士の5人抜きとか、十両力士の取り組み、垣添さんの最後の稽古ということで息子さんとの取り組みなどのプログラムが用意されていました。
幕下や十両の方は名前がちいともわからないので、なんとなく観ているような観ていないような感じになりましたが、
迫力ある取り組みのときには、やっぱり自然に目が行くものです。

そしてもちろん、多くの方が髷にハサミを入れる儀式もありました。
最初は「へえ、こんな人が」などと思いつつ観ていたのですが、
とーーっても長いので、場内の見学に出たりしました。

いよいよ最後に幕内力士の取り組み。
さすがにここには名前を知っている力士が登場するので
ひとつひとつの取り組みに「おー」だの「ああ」だのと声を上げつつ観戦しました。
最後は白鵬と日馬富士という横綱同士。
「わー、生白鵬だ〜!」と、なんだかよくわからないんですけど
やや興奮状態に陥り、写真を撮ってしまいました。
なんでしょうね、この変なミーハー気分は。
ま、ちょっと距離があるので、携帯のカメラではこんな感じですけど。
2013.6_sumo01.JPG

おすもう観戦って、意外とゆるいペースで見られるんだなと思いました。
好きな力士、気になる力士の取り組みだけ注目して、
あとはビールを飲んだり、お弁当を食べたり、おしゃべりしたり。
なかなかのんきな感じでいいなあと思いました。

今度は本場所に行ってみたいなあ、なんて。



posted by 「辻行燈」 at 10:46 | さとう話

2013年06月10日

■ ストレス解消術?(秋元)

ここ数回、仕事で週末を潰しています。
といっても、平日の睡眠不足解消のため土曜日は昼近くまで起きられず、ラフを描くつもりが落書きをしていたりと、なかなか捗りません。若い頃のスタイルに逆戻りしている!?(一緒に仕事している人たちが若いから? 私、無理しているのかな…)

それに週末くらいはと思って、掃除して、洗濯して、念入りにアイロン掛けもして、食べきれないほど料理を作って…いや、お弁当のおかずを作りおきしておこうという目論みもあるのだけど、それにしても「消費期限が切れそう」「せっかくなら新鮮なうちに食べないと」などと、冷蔵庫を覗いて見ては、あれもこれもと思いつくまま献立も考えずに作ってしまって、気が付けばバイキング状態。

たぶん、逃避です。やる気さえ出せば、確実に終わる仕事なのに、いまひとつやる気が出ません。
それでもなんとか仕事を終わらせるのですが、もやもやとした気分で週末を過ごし、週明けからグッタリしている状態。それを数週間続けています。間違っている。

ふぅ〜、そろそろ心のビタミン不足。
すべてから解放されて、気ままに遊べる日がきたら、何しよう?
映画観て、猫と遊んで、公園で寝転がったりしたいなぁ。
わ〜楽しそう♪

…そうそう、その調子。妄想で遊べ、私!

posted by 「辻行燈」 at 01:03 | あきもと話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。