2013年08月25日

■ 辛いもの。(酒井)

先日、十年以上振りに韓国へ行ってきました。
韓国には、過去に二度行っていますが、一度は仕事でもう一度は社員旅行(のようなもの)だったので、今回がもっとも食べたいものを食べられた旅だったように思います。

じつはワタクシ、韓国料理もタイ料理も好きなのに、辛いものは得意ではありません。刺激ばかりが強くて味が楽しめず、日本にいるときは辛いものはほとんど食べません。でも、不思議なことに韓国で食べる辛い料理はとってもおいしく食べられるのです。これ、初めて韓国へ行ったときから不思議でした。

今回の旅行で食べた料理は、どれもこれも美味しかったのですが、なかでも印象深かったのが屋台で食べた一品。ホルモン入りのチャプチェとでもいうのでしょうか。玉ねぎなどの野菜とともに、カリカリに炒めて余分な脂を落としたホルモンが入っていました。辛いタレをつけて食べるのですが、これがビールに合う! 焼酎が進む!

写真.JPG

一緒に旅行した友人へ「なぜか韓国では辛いものが美味しく食べられる」という話をしたところ、日本の唐辛子と韓国の唐辛子は種類が違うと聞いたことがあると教えてくれました。そうか、そういうことか。
唐辛子に限っては、わたしの舌は日本よりも韓国に合っているようです。


posted by 「辻行燈」 at 19:16 | お知らせ

2013年08月17日

■ ザクロがついに (川崎)

 3年半ほど前に、建て替えを済ませた実家の庭に、ザクロの苗木を植えた話を書きました。

 建て替え工事のため、庭の植木をすべて伐採してしまい、寂しい庭になっていたのでした。

 枯れ木にしか見えないような木でしたが、その半年後には芽吹きました。
 そして、1年前の夏には、枝振りも立派になり、緑の葉っぱをふさふさとつけていました。

 そして今年!
 ついに、実が成りました!

 15個くらいはあるようです。

zakuro04.jpg

zakuro05.jpg

 ザクロの苗木の取説によると、「実が成るようになるまでは4〜6年かかる」ってことでしたけど、それよりもちょっと早めでした。

 さて、実の味はどんな感じなのでしょうかね。

 伐採前のザクロの実は、(近所の小学生の間で)けっこうおいしいと評判だったようです。

 ザクロの実をもらいにくる小学生に向かって、「こんな果物よりも、お菓子のほうが好きなんでしょ?」と母が聞いたところ、「ううん、これは甘くておいしい」と答えていたらしい。

 それと同じくらいの味ならいいな、と思いつつ、今度は熟すのを楽しみにしています。
posted by 「辻行燈」 at 14:46 | かわさき話/実家建て替え

2013年08月05日

■ 買っときゃよかった(佐藤)。

つい先週のこと。
ちょっとばかり韓国に行ってきました。
2泊3日でソウルもプサンも行くという強行軍でしたが、
忙しいなら忙しいなりに、やっぱり旅は楽しいものです。

さて。
行く前は「買い物熱がヒートアップしたらどうしよう…」と思っていましたが
思いがけないほどの蒸し暑さに、ワタクシ本体がヒートアップしたせいか、
買い物熱はヒートアップせず、意外に買い物の少ない旅となりました。

で、広蔵市場(カンジャンシジャン)の調理用具店で手に入れたのがコレ。
アルミ製で直径18センチの小さなザルです。
写真は小さいボウルに載せているので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが。
2013.8.5.jpg
なんとなく「買っとくか…」みたいな気持ちで買ったのですが、
使ってみたら「あーら、便利!」なのでした。
足つきのザルなので、シンクに直接おいてゆでこぼせるし、水気がよく切れます。

直径18センチのコレは、枝豆一袋分にちょうどよい大きさ。
これが最小サイズだったので、少しずつ大きいサイズが数種類ありました。
入れ子にできるんだから、あと2サイズくらい買ってくればよかったなあ、と思うのでした。

posted by 「辻行燈」 at 12:03 | さとう話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。