2013年10月25日

■ 銀杏。(酒井)

私が住んでいるところは、すぐ近くに青梅街道があります。
買い物や散歩、打ち合わせや取材へ向かうために駅へ向かったりと
なにかと青梅街道を歩く機会が多いわけですが、
秋は、注意しなくてはいけないことがあります。
それは銀杏。
10月も中旬を過ぎると、青梅街道の歩道にたくさんの銀杏が落ちています。最近多い、ながらスマホの人などは間違いなく踏みつけてしまうほど。自転車の人も多いですし、歩道には踏みつぶされた銀杏がたくさんあって、あの特有の香りがたちこめています。

写真.JPG

昨年、旅行で訪れた秋田県の角館では、たわわに実る‥という表現がふさわしいのかわかりませんが、とにかく枝にびっしりとついた銀杏を見ました。
これ、わかりますかね。葉の黄色よりももっと濃い黄色の実がたくさんついていますが、これ銀杏です。

CIMG2280.JPG

青梅街道の銀杏は、葉がまだ緑のものが多いうちに実がたくさん落ちていますが、角館の銀杏は実を付けたままきれいに紅葉していました。やっぱり気温の差なのでしょうか。

小さな子どもの頃から、父が晩酌をする膝の上で一緒につまみを食べていた私。そのせいか、つまみの類が好きで、もちろん銀杏も好物です。
秋が深まってくると、週末の夕方は、母が晩ごはんの支度を始める頃、父と二人で銀杏を焼き始めてペンチでパカッと割ってふぅふぅ言いながら食べるのがお決まり。
そして必ず、台所にいる母から「子どもは食べ過ぎちゃダメ」と釘をさされるのでした。


posted by 「辻行燈」 at 09:57 | お知らせ

2013年10月07日

■ ステーション化、か!?(佐藤)

私、たぶん、20年くらい前からmacユーザです。
macが好き! だったわけでも何でもなく、
たまたま入った会社の人たちがmac好きだったため、
社内のマシンはほぼmacのみで、私が仕事で使った最初のマシンがmacだったから。
いま、わが家にあるのは、たしか3世代目。
自宅で使い始めたのは14〜15年くらい前でしょうか。
はい、1台を使う期間がずいぶん長いのです。
そんな私の大切な相棒は、2006年製のiMac。
そろそろ買い替えねば…と去年から思っておりましたが、未だ買い替えぬまま。
しかし、本当にそろそろマシンのリニューアルが必要とヒシヒシと感じ、
仕事が一段落したら、ビ○クカメラへ行こうと思っていたわけです。

それが。
仕事の都合で、つい数日前、Windowsマシンを購入することになりました。
WindowsのOSでなければ使えないシステムを使用しなくてはならず、
MacでWindowsのOSを動かそうとしたら、現状ではちょいと難しいことがわかり、
「うむむむ…、うむむむ…」と悩むことおよそ半日。

「えーい、買ってしまえ!」。

はい。後先のことはあまり考えておりません。
最近の私には珍しい、勢い込んだ買い物です。

とりあえず購入して、仕事に支障を来さないのでは…という状況になってホッとしました。
そっち方面はホッとしたんですが、ふと我に返ってみると、
○2006年製のiMac ←長年の相棒。そろそろサブマシンに以降予定
○2013年製のacer ←最新の相棒。これからどう使うかを考えなくちゃ
○2013年製のMac ←まだ姿はないけれど、今年買い替え予定
の3台を使うスペースを整備しなければならないのです。
幅の広〜い机が置けたら、3つ並べて置けばいいけど、そんなはずもなく。
そしたら、正面と横と背面と「コの字型」のスペースでも作るしか、しようがありません。
プリンタも置かねばならないし、いろんな備品も必要だし…。
まさかのPCステーションが、まもなくわが家に誕生するかも…!?な状況です。

ちなみにiPadも持っておりまして…。iPhoneユーザでもありまして…。
外仕事用にmacbookも1台持っております。探せば、昔のVAIOもどこかから出てくるような…。
私っていったい…と思った週末なのでありました。
posted by 「辻行燈」 at 11:23 | さとう話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。