2015年09月07日

■ アートな週末(さとう)。

新潟県十日町市では、3年に一度、
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が開催されています。
今年(2015年)も開催年です。
http://www.echigo-tsumari.jp/

お盆に帰省したとき、母と姪と一緒に
「まつだい『農舞台』、「絵本と木の実の美術館」、「物怪観光妻有之荘」に行ってきました。
あとは屋外のアート作品をいくつか鑑賞。
なにしろ十日町市のあちらこちらに300点余りもあるので、
一度にたくさん観る…というわけにはいかないのです。

「まつだい『農舞台』は大地の芸術祭のメイン施設のひとつ。
展望台から見られる、
このイリヤ&エミリア・カバコフの作品「棚田」が有名です。
2015.9_01.jpg

「絵本と木の実の美術館」は、
なかなか楽しい美術館で、子ども連れで訪れる人が多いようでした。

そして「物怪観光妻有之荘」。
近くに言い伝わる妖怪をモチーフに妖怪の世界へ行くための駅、という設定でした。
姪が「行きたい!」というから行ったのに、
ちょっとお化け屋敷風の外装に
本人は「やだ〜、怖いよ〜」と腰が引けっぱなし。
私もお化け屋敷の類は超苦手なのですが、
そこは姪の手前、「怖いよ〜」なんて言えません。
「えいやっ」と入ってみたら…、これがとーーってもいいんです。
妖怪たちを木目込みで表現してあって、とっても愛嬌があります。
怖いというより温かい。

すいていたので、出て来てすぐに「もう一回入っていいですか?」と聞いたら、
ちょっとびっくりした顔で「どうぞ、どうぞ」と言われました。
そして2回目を見終えると、作業中の方がいたので
あれこれ質問したら、手を止めて丁寧に答えてくれました。
いま、サイトでチェックしてみたら、作家ご本人でした。
稚拙な質問ばかりで失礼しましたわぁ。

さてさて。
そんなアートな十日町市には、もうひとつアートな話題があります。
ドイツ人の建築家、カール・ベンクスさんが、古民家再生にのり出しているのです。
梁や柱などの枠組みを生かし、新築と同様に再生するのがベンクスさんのスタイルだそう。
ほとんどのお宅は外から見るしかないのですが、
週末だけカフェ営業しているところがあるというのです。
それがイエロー・ハウス。
http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000002643

実は昨日、友達とこのカフェに行ってきました。
そう、わざわざ新幹線に乗って。もちろん日帰りです。
なかなか贅沢なカフェ訪問です。

でも、行く価値がある場所であり、建物でした。
古民家好きにはたまらないでしょうね。
家(カフェ)の周囲も緑でいっぱいで、
同行の友人は、
「こんな感じの家に住みたい! 
 目の前にハーブ園とかあったらもう最高!」
てなことを言っておりました。
残念ながら、私のココロには響かないのですけど。

こういう家、好きだけど
私は遊びに行くくらいがちょうどいいかなあ。
だから、その友人がその夢を実現してくれることを切に願うのでした。
2015.9_02.jpg


posted by 「辻行燈」 at 18:45 | さとう話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。