2015年01月18日

■ 居酒屋発掘月間(秋元)

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
気づけはブログもだいぶご無沙汰してしおり、失礼しました。
もう少し仕事の配分を考えたりマネジメント能力を身につけなければ…という反省とともに、飲み会に明け暮れた年末年始でした。
数えてみたら12月に入ってから10回以上も。
どうりで懐が痛いわけです。が、その分、楽しかった!

それに、面白いお店やおいしいお店を知ることができました。
今回は、そのなかから印象的だったお店をいくつかご紹介したいと思います。
いつかまた行きたいお店ばかりです。ご興味あれば皆さまもぜひ。
(写真が1枚もなくて申し訳ないです)


●茅場町「ニューカヤバ」
カメラマンさんに教えていただいた立ち飲み千ベロ系の居酒屋。昭和の風情が心地よい民家の1F、ガレージの奥にお店があるのでわかりにくいけれど、店内は仕事帰りらしきビジネスマンでいつも満員なんだとか。ビールも日本酒も自販機でセルフチャージ。それも年季の入ったマシンなので、いちいち楽しいのです。お料理はカウンターで買うのですが、焼鳥は自分で焼くというシステム。私は閉店間近(21時クローズなんです…)だったので、すでに焼き場の火は落とされていたので残念ながら未経験。今度あらためて、もっと早い時間に行かなければ(16時半くらいから開いているいるらしいです)。

●八丁堀「maru 2F」
21時でニューカヤバを後にしなければならず、そのまま歩いて行ったワインがおいしいバル。1階の酒屋が経営するお店なのか、ワインの種類も豊富で選び放題(価格もたぶんお値頃)。ここで飲んだJUAN GILというスペインの赤ワインが、ちょっとスモーキーな感じの好みの味で、とってもおいしかった!お料理もステーキやら白子やら色んな味が楽しめて大満足です。お店の女性スタッフがみんな美人でノリがいいのも魅力的でした。

●新宿御苑前「Vector Beer」
2軒目で行ったお店なので料理はあまり食べていないのですが、牛タン炭火焼が人気のメニュー。なにより、クラフトビールが常時10種類は用意されているから飽きがこないんです。ふだんあまりビールは飲めない私も、ここではずっとビールでいけます。寒いのが苦手なので店内で飲みましたが、店の外でも飲めるので、少しあたたかくなったら今度は外の席で飲みたいものです。

●東中野「かいじ」
演歌が流れる赤提灯の店。2階なのにいつも満席で、3回ほど予約が取れずに断念したお店で、やっと2回目の訪問となりました。家族経営らしいのですが、注文時にこちらが少しでも迷いを見せると、すぐさまお母さんが「いま○○がおいしいから、これにしたら」と笑顔なく言い切るので、つい従ってしまいます。いつの間にか仕切られているのだけど、従っていれば間違いがない。お刺身とか本当においしいし、サービスだと言って料理を出してくれたりします。(この日は2品も!)
常連客の多くがご近所さんらしく、目の前のカウンター席には老夫婦2組と、外国人男性と日本人女性のカップル。隣のテーブル席では若いご夫婦が喧嘩を始めたのですが、帰り際にカウンター席の老夫妻やお店の人から「がんばれよ」と声をかけられ、照れくさそうに帰って行きました。あったかいお店でした。



posted by 「辻行燈」 at 21:54 | あきもと話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。