2015年01月27日

■ 近くにあったら(さとう)

1月の半ばごろ、熊本へ出張しました。
訳あって前泊だったので、早めにいって、プチバカンスしてました。
といっても、現地到着までノープラン。
水前寺公園に行って…、から計画が進んでいませんでした。

阿蘇熊本空港から市内へはシャトルバスで。
そのバスの席の後ろに入っている情報誌(ほとんど夜のお店)をパラパラと見ていると、
「長崎次郎書店」という名前が目に入りました。

明治7年創業で熊本県内でいちばん古い本屋さん。
大正13年に建てられた建物は有形文化財登録されていて、
なんと昨夏にリニューアルオープンしたばかり、とな。
しかも2階はカフェ、だとな。
うーむ。こりゃ行かねばならぬ。

というわけで、水前寺公園散策をすいすいっとして
(真冬なので芝が枯れてましたが、小さいながらも散策するのが楽しい公園だと思いました)
市電に乗って長崎次郎書店へ。

201501_03.jpg
なかなかよい雰囲気の店構えで、
店内もチェーン系大手書店とは違って「ほんやさん」という感じ。
どうもうまく説明できませんが、棚前でじーっと表紙や背表紙に見入ったり、
次々と手に取って開いてみたくなる感じ、なんです。

京都に行ったとき、「けいぶん社」という本屋さんに行きましたが、
空気感が似ています。

さあ、気になる人は、検索、検索。

食いしん坊系の本を何冊か購入して、2階のカフェへ。
買った本を読もうかと思っていたのですが、
あちこちに本棚がしつらえてあって、本が並んでいるので、
お借りして読むことにしました。
えーっと、「ドラえもん」の愛蔵版を。
こんな機会でもなければきっと読まないだろうなと思って。
そして日が暮れるまで、藤子不二雄先生の世界にひたったのでした。
201501_02.jpg

熊本へ行く機会があればおすすめです。
ぜひ。

201501_01.jpg


posted by 「辻行燈」 at 17:28 | さとう話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。