2015年04月22日

■ 花のある暮らし(さとう)。

先日、フラワーアレンジメントの教室に参加しました。
「日々の暮らしに花を飾る」という趣旨で
かつ「500円分の花で一週間楽しむ」というものでした。

じつは花の飾り方については、苦手イメージがありまして。
というのも、数年前に友人に花のリース作りを教わったとき、
「どう?」と出来栄えについて聞いてみたところ
「うーん、個性的」と決して言われたからです。
(中高の同級生なので遠慮がない…)。
自分ではそこそこ上手にできると思っていたけど、
どうやら違うらしい、と気付きました。

でも、この日、簡単にキレイに見える飾り方のコツを教えてもらい、
先生が「あ、いいですね〜」
「それ、ナイスアイデア!」などと褒めてくれたせいで
すっかりいい気になって、
「あれ、私、意外とデキるかも!?」と思ったりしました。
ま、先生が褒め上手なんですね。

そして、長くもたせるための手入れが大変なのではと思いましたが、
「切り花は水に浸かっている部分が傷んでくるので、
こまめに茎の傷んだ部分を切って、
水を替えれば一週間は持ちます」ということでした。

現実的には東京都心で500円分の花というとせいぜい2本か3本。
1本でも500円近い花もあります。
1本や2本じゃ寂しいなあ…と思いますが、
それでも「500円」の花が一週間もつなら続けられるかも…という気がします。

そこで、家に帰って、いつも座る場所の目の前に花を飾ることにしました。
これなら、花の変化もよく見えるので
「つぼみが開いてきた」とか、
「あ、ちょっとしおれぎみ」とかわかるので
こまめな(私にしては、ですが)手入れもできそうです。

これから気温が上がってくると、しおれるのが早くなってくるので
どこまで続けられるかわかりませんが、
しばらくの間、「花のある暮らし」をしてみようかと思います。


posted by 「辻行燈」 at 12:06 | さとう話
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。