2015年07月27日

■ 生命大躍進!(酒井牧子)

4月に「大アマゾン展」へ行ったときの友だちと、
再度、上野の国立科学博物館へ。
今回は「生命大躍進」展です。
入口看板のコピーにある「生物」の文字に
「スーパースター」とルビをふるところに意気込みを感じます。

展示は、化石に次ぐ化石で、もう楽しいったら。
「こんなところに目が付いていて、両サイド見づらかったろうな」とか
「この背中にある大きな突起は何のために?」とか
「こんなに一斉にみんなで化石になっちゃうのって
どんな状況だったのだろーか」とか。

骨の質感が好きなのもありますが、
そんなふうにあれこれ想像が膨らむのも
化石のおもしろさなのかもしれません。
あぁ、一度でいいので化石発掘のバイトに行きたい‥‥と
かなり本気で思っています。

image01.jpeg写真.JPGimage02.jpeg


posted by 「辻行燈」 at 14:50 | お知らせ
このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。